駅からあるき by DJ Kei
トップ>高縄・皿ヶ峰山域交通

高縄・皿ヶ峰山域交通

高縄・皿ヶ峰山域への公共交通機関利用ガイドです.

2017年4月より,久万−御三戸−落出のバス路線が移管

バス路線で細線実線は休日運休,細線破線は土曜・休日運休路線.

高縄・皿ヶ峰山域交通マップ

JR

JR・予讃線

高縄山系へのアプローチには欠かせないルート.皿ヶ峰山域に直接アクセスしないもののアクセス途中の交通機関として利用頻度が高い.普通列車は本数が少ない上に,時間がかかること,トイレがついていない場合が多いことなどから,利用にはあまり適していない.特に往路には特急を積極的に利用したい.特急,普通列車はそれぞれ1時間に1本程度ある.

伊予鉄道

伊予鉄道・横河原線

皿ヶ峰山域へのアプローチに重要な役割を果たす.皿ヶ峰へは見奈良駅から徒歩でのアプローチも可能である.都市近郊の私鉄であり,本数は多い.終点の横河原から各方面へのバスが発着しており,東温アルプス山行への利用価値が高い鉄道路線である.

特急バス

新居浜-西条-松山

高輪山域・皿ヶ峰山域にはさまれたエリアを走行しており,両者へのアプローチに利用できるバス.本数も1時間に1本で利用しやすい.おおむね,途中バス停から山行バスに乗換えとなる.かなりの遅れが生じることがあるので注意.運行はせとうちバスといよてつバスの共同運行である.

今治-松山

高輪山域中央部を走行しており,高輪山域を代表する山々へのアプローチに利用できる.往路は,松山発の始発は遅いので,今治からのバスを利用すると良い.本数も少なくはないが,時間帯によっては何時間かバス停で待たされるケースもあるので注意が必要.沿線風景は悪くない.せとうちバスの運行である.

今治周辺

今治-鈍川温泉・神子森・木地口

高縄山域北部方面へのアプローチに有効な路線.せとうちバスが運行.

今治-浅地口

高縄山域東部方面へのアプローチに有効.せとうちバスが運行.

今治-新居浜

今治と新居浜を結ぶ長距離バス路線だが,高縄山域東部,世田山方面へのアプローチに利用できる.本数も1時間に1本程度と多い.せとうちバスが運行.

今治-小松

今治と小松を結ぶ路線であり,高縄山域東部,世田山方面へのアプローチに利用できる.せとうちバスが運行.

壬生川周辺

壬生川-保井野

保井野から青滝山を経て東温アルプス東端への登山に利用できる.国道11号から保井野集落に入る道は狭隘で人家も少なく山深くスリル満点.せとうち周桑バスが運行.

壬生川-関屋-湯谷口

高縄山域東部へのアプローチに利用可能.せとうち周桑バスが運行.

壬生川-本谷温泉-伊予三芳

高縄山域東部へのアプローチに利用可能.せとうち周桑バスが運行.

松山・伊予北条周辺

松山-米野々

高縄山域中央部・北部へのアプローチに利用できる.全便休日運休.いよてつバスが運行.

松山-城山

高縄山域南部へのアプローチに利用できる.いよてつバスが運行.

伊予北条-庄府

高縄山へのアプローチに利用できる.全便土曜休日運休.いよてつバスが運行.

松山・横河原周辺

横河原-井内北間・白猪滝口・海上・松瀬川

横河原から東温アルプス山域,高縄山域東部方面へのアプローチに利用できる.全便土曜休日運休となる.いよてつバスが運行.

横河原-木地

高縄山域中央部へのアプローチに利用できる.いよてつバスが運行.

森松-上林皿ヶ峰登山口

本数は少ないが,松山市域から皿ヶ嶺登山口まで直通のバスが出ている.いよてつバスが運行.

松山-森松-丹波

東温アルプス西部方面へのアプローチに利用できる.いよてつバスが運行.

久万周辺

松山-久万

2017年1月から,バスの経路変更により,永らく皿ヶ嶺の登山口となっていた六部堂を通らなくなったが,最寄りの横通バス停から歩いても遠くはない.久万からバスに乗り換えることで,東温アルプスへの南側からのアプローチが可能になる.JR四国バスが運行.

久万-通仙橋・河之内・上直瀬

久万から面河,石鎚土小屋まで運行するバスは,東温アルプスへのアクセスに利用可能.いよてつ南予バスが運行.久万-通仙橋を除き,土曜・休日運休.2016年10月から,久万-石鎚土小屋のバスの経路が変わり,東温アルプスに近いルートを運行するようになった.

inserted by FC2 system