駅からあるき by DJ Kei
2004.02.28 鈴鹿・入道ヶ岳

鈴鹿・入道ヶ岳

2004年02月28日(土) 晴

行程

場所
山本8:55
小岐須山の家9:309:35
池ヶ谷登山口9:509:55
避難小屋10:4010:55
滝ヶ谷分岐11:1511:20
入道ヶ岳12:2013:00
北の頭13:0513:05
北尾根鞍部13:5013:50
椿大神社14:10

山行記録

入道ヶ岳への一般登山道は7ルートあり,それぞれが特色を持ったおもしろさを持っているのだが,今回は典型的な谷道の池ヶ谷道と典型的な尾根道の北尾根道を上り・下りに利用する計画をたてる.

池ヶ谷ルートは,小滝が連続するルート.ナメ滝が多く,歩きながら次々と現れる小滝は楽しませてくれるが,少々歩きにくい箇所もある.雪は山頂付近の斜面を除きほとんど残っていなかったが,北側斜面にはかなり残っていた.池ヶ谷道は,少々歩きにくいところもあったが,滝と奇岩が連続するおもしろいルートであった.上がるにつれて谷が細くなってきて,やがて源流にさしかかる.そして山頂に近づくと,谷は広がり,笹原となる.笹原をつめると山頂に到着.

↑池ヶ谷道は滝が連続する.

↑小さな滝が多い.

↑やがて流れは細くなる.

↑最後は谷は笹原となる.

山頂からも,少し北へ向かったところにある北の頭からの展望も抜群.このあと北尾根を使って下山した.北尾根は,入道ヶ岳の登山ルートの中では傾斜が結構きつい部分もある.

↑山頂からの眺めはよい.仙ヶ岳,野登山方面.

↑北の頭から主稜線を眺める.鎌ヶ岳,御在所山,釈迦ヶ岳が並ぶ.

鈴鹿・入道ヶ岳(交通アクセス)

往路

場所種類
名古屋7:31近鉄
四日市8:058:11三重交通
山本8:55

復路

椿大神社三重交通
四日市近鉄
名古屋
inserted by FC2 system