駅からあるき by DJ Kei
2004.05.02 鈴鹿・御在所山〜八風峠

鈴鹿・御在所山〜八風峠

2004年05月02日(日) 雨後曇

行程

場所
山上公園8:50
国見峠9:009:00
国見岳9:109:15
根の平峠10:1510:25
水晶岳10:4511:15
中峠11:3011:35
金山11:5011:55
羽鳥峰峠12:2012:30
猫岳13:2513:30
釈迦ヶ岳13:5514:10
八風中峠14:5515:00
八風峠15:1015:25
中峠分岐15:4015:45
林道入口16:1516:25
田光17:35

セブンマウンテンをたどる第4弾である.今回は,中鈴鹿の県境尾根縦走である.縦走路が長い他,下山後も,バス停までの距離が長いため,時間短縮のため,御在所山ではロープウェーを使用した.それでもかなりの長丁場になる.なお,国見岳以北は初めて歩く.本ルート上では,人の多いところとそうでないところの差が激しい.今回は天気がいまいちで,ガスの出る中,時折強い風と雨に耐えながら歩いた.天気のよいときにあらためて歩いてみたいと思う.

山行記録

朝一番のロープウェイに乗るために乗り場で待つ.やがてロープウェイが営業を開始.一気に山上公園へ上がる.山上はガスがかかっていて見通しがきかない.縦走路へ向けて歩いて行く.国見峠をへて国見岳へ向かう.

国見岳周辺は奇岩が多い.

青岳からは笹の深い縦走路を歩く.標高の低い根の平峠ではガスが晴れている.縦走路ではガレの脇を歩くような場面も多い.

見通しがきかない中を歩いて行く.

ハト峰峠周辺からとたんに人が増え始める.朝明から釈迦ヶ岳へ向かう人だろう.

峠から縦走路が続く

釈迦ヶ岳までは見通しのききにくい樹林尾根が続く.

釈迦ヶ岳山頂は狭く,休憩もそこそこにすぐに出発.この後もガスがかかったり晴れたりしながらの不安定な天候の中を歩いて行く.ただし縦走路ははっきりしているので問題ない.八風峠からは一気に下っていき,さらに長い車道歩きを経て田光のバス停まで歩いた.

鈴鹿・御在所山〜八風峠(交通アクセス)

往路

場所種類
名古屋6:31近鉄
四日市7:057:07近鉄
湯ノ山温泉7:367:45三重交通
三交湯ノ山7:528:30御在所ロープウェー
山上公園8:42

復路

田光三重交通
四日市近鉄
名古屋

inserted by FC2 system