駅からあるき by DJ Kei
2004.07.24 木曽・御嶽山

木曽・御嶽山

2004年07月24日(土) 晴

行程

場所
田の原5:05
八合目6:056:10
王滝頂上7:057:30
剣が峰8:008:25
二の池8:508:55
白竜小屋9:259:40
三の池10:1010:25
四の池10:5511:05
継子岳11:5012:15
五の池12:4012:45
湯ノ花峠14:0514:20
濁河温泉14:45

今回は珍しく3000mクラスの山へ向かう.木曽御岳(正式には御嶽)を巡るため,夜行で入り,往路は田の原ルート,復路は濁河ルートと変化をつけ,頂上の5つの池巡りをし,最南端の王滝頂上から最北端の継子岳まで足を伸ばし,下山後日帰り温泉につかるという贅沢で中身の濃い山歩きを企てた.一言で言えば,やはり3000mクラスの山はスケールがでかい.とあらためて感じた.継子岳の東南尾根の道では,ガスがかかったこともあり途中で道を失い,変な岩場を登らされるなどの苦労をしたが,なかなか楽しい一日であった.ライチョウの姿を見ることもできた.

山行記録

雄大な緑の斜面を眺めながら登っていく.

剣ヶ峰山頂をのぞむ.

二の池には万年雪が.

二の池を過ぎると,カール状の眺めが広がる.

少しガスがかかってきた.

三の池が見えてきた.

三の池のほとりへ下りたつ.

四の池は水がほとんどなく,湿原状になっている.四の池から継子岳への道(継子岳北東尾根)は不明瞭で,さらにガスが出て見通しのきかない中で道をたどっていく.とにかく上を目指し,強引に岩場を上ったり岩の間をかいくぐって東継子のピークへ.そこからは砂漠のような荒涼とした広い道を進み継子岳山頂.ここではライチョウの姿もみることができた.名古屋方面からやってきたというご夫婦と会話が弾ませる.

五の池.水はわずか.ここから濁河温泉へ下る.最初は雄大な眺めの中を歩いて行く.

途中から樹林帯の下りとなり,長かった歩きが終わった.

木曽・御嶽山(交通アクセス)

往路

場所種類
名古屋JR
米原「急行ちくま」
木曽福島おんたけ交通
田の原

復路

濁河温泉
木曽福島「特急しなの」
名古屋

濁河温泉のバス停.

inserted by FC2 system