駅からあるき by DJ Kei
2004.11.13 鈴鹿・藤原岳〜茨川

鈴鹿・藤原岳〜茨川

2004年11月13日(土) 晴

行程

場所
西藤原8:30
聖宝寺8:458:50
五合目9:509:50
八合目10:1510:20
避難小屋10:5011:30
藤原岳展望丘11:4511:50
迷い尾根分岐12:5012:55
治田峠13:1013:15
茨川14:1014:30
ノタノ坂15:0515:25
御池川林道15:4515:55
林道途中16:30

前年にたどった同じルート(藤原岳八合目までは別のルート)をたどる.前年に見た茨川のきれいな紅葉を見たかったからだが,前年は道を間違えノタノ坂近辺の雑木の美しさを堪能できなかったので,今回再訪したいという気持ちもあった.前日の雨の影響で川が増水し茨川の茶屋川渡渉に手こずったが,のんびりとした山歩きができた.紅葉は全般にまずまずだったと思う.藤原岳から先では一人の登山者にも出会うことなく,静かな山行であった.

山行記録

名古屋から近鉄電車で冨田へ.そこから三岐鉄道に乗り換えて終点の西藤原へ到着.10人ぐらいが終点まで来て下車した.藤原岳は表道(大貝戸道)から何回か登っているが,聖宝寺道ははじめてである.聖宝寺の脇を通り登山道にでると,いきなり登山口にロープが張ってあり通行できない.たまたま現場にいた工事関係者(砂防ダムの?)に聞いてみると,別のルートを教えてくれた.土砂が崩れた跡のような土の削れたU字のところを進むと,右手に踏み跡を発見.そこからは踏み跡にそって進む.

最初のうちはひたすら人工樹の中を歩くだけ.展望もほとんどない.

この日は登山者も多かった.頂上手前の無人小屋で昼食休憩をとる.寒いので,外よりも小屋の中で休憩をする人が多い.休憩後,小屋から15分ほど歩いて展望丘到着.避難小屋から展望丘へ向かって進むと,展望が開けてくる.

展望丘からの眺めは360度.御池のテーブル状の地形の様子がよくわかる.

東には伊勢湾が望める.ここでの休憩はわずかにとどめ,さっそく県境稜線を南へ進む.途中登山道をふさぐ形で昼飯をとっているパーティがいた.確かに一見すると登山ルートには見えない.

展望丘を過ぎてしばらくは石灰石のごつごつした岩が露出したところを進み,やがて笹道を進む.これを過ぎると,山腹を降りていくような道になる.恐ろしいほど急な下り坂で踏み跡もあまり明確ではないが,テープ印がいたるところにつけられておりこれに従って歩いていく.やがて下りが終わると,急な斜面をトラバースして進む道になるが,ところどころで道が崩壊しており,高巻きながら進む.苦労しながら進んでいくと,再び稜線にとび出す.この地点には,以前は「孫太尾根立入禁止」の標識があったが,それがなくなっていた.さて,治田峠までの県境稜線道は,樹林の美しい,できればのんびりと鑑賞しながら歩きたいような道である.やがて,蛇谷分岐,迷い尾根の分岐を過ぎ,笹が増え出すと治田峠に到着する.

治田峠でも小休憩.治田峠は十字路になっており,南北に県境稜線,東は青川峡への道がある.私は,西の伊勢谷を通って茨川への道をたどる.最初ジグザグの急な下り坂が続き,流れにでる.流れに沿って一応踏跡らしきものはあるが,ところどころ崩れており,高巻くようになっている.この高巻き道もはっきりしない.流れはあくまで清らかで美しい.流れに沿って下っていくと,右手斜面が大きく崩壊している箇所が見られる.まさに自然の脅威を感じるところであるが,ちょうどこの崩壊箇所に砂防ダムができている.砂防ダムからはダム工事用の未舗装の道を歩き,10分ほどで茨川に到着する.

今回の目的の一つが,この茨川の紅葉であるが,時期的には少々早かった.さて,茨川からノタノ坂方面へ進むためには,茶屋川を渡る必要があるのだが,昨日の雨で増水していた.水深は膝ぐらいまであり,結局靴を脱いで渡った.11月なので水は当然冷たかったが,ここまで歩いて疲れた足にはちょうど心地よかったかもしれない.

川を渡り,ノタノ坂へ向かって歩き始める.最初上るが,すぐに下り坂になり,沢をわたる.沢を渡ってからは上り坂が延々と続くが,やがて気持ちのよい尾根道となり,展望が開けてくる.このあたりの雑木は赤や黄色に色づいている.

しばらく進むと,斜面のトラバース道になり,歩きにくくなる.やがてノタノ坂ピークに着く.ここでは,送電線の巡視路と交差する.頭上を見上げると大きな送電線(伊勢幹線)がある.ここから先は,人工林の下り坂を延々と下り,流れに沿ってゆるやかに下っていくと林道に到着.あとは林道を1時間弱ひたすら下るだけである.

ところが,御池川林道に出てしばらく歩いていると,後ろからやってきた車が止まり「乗っていきませんか?」.せっかくのご厚意なのでありがたくちょうだいし,車に乗せてもらった.私が名古屋在住と知ると,「なるべく名古屋に近い方がいいでしょう」とご自宅の近くのJRの南彦根駅まで送っていただいた.この方は彦根在住で,ご夫婦で登山の帰りであった.伊勢尾とアザミ谷を回ってこられたとのこと.鈴鹿にはかなりお詳しい様子であった.なかなか話のレベルをあわせるのが大変だったが,大変感じのよい方で,車内では楽しく会話しながら過ごすことができた.

鈴鹿・藤原岳〜茨川(交通アクセス)

往路

場所種類
名古屋近鉄
近鉄富田7:42三岐鉄道
西藤原8:26

復路

林道途中車同乗
南彦根JR
米原JR
名古屋
inserted by FC2 system