駅からあるき by DJ Kei
2004.11.23 小社峠〜入道ヶ岳

小社峠〜入道ヶ岳

2004年11月23日(祝) 晴

行程

場所
山本7:55
小岐須山の家8:258:30
大石橋8:458:50
林道終点9:159:15
アライ谷出合9:309:35
小社峠10:0010:05
犬返しの険10:4510:50
宮指路岳11:0511:40
小岐須峠11:5511:55
イワクラ分岐12:4012:45
入道ヶ岳14:0015:15
避難小屋15:4015:55
椿大神社16:45

この日は,天気がよく風も穏やかで,絶好の山日和となり,充実した山歩きを楽しめました.今回は小岐須渓谷の支沢をぐるりと取り囲む尾根のうち北側半分を縦走した.難所の犬返しの険をはじめ全体的にアップダウンが激しくザレた道が多い中で,小岐須峠から北側の県境稜線ではおだやかな雑木林の雰囲気を堪能できた.

山行記録

近鉄四日市から,三重交通のバスで山本へというルートはずいぶん何回も乗ったような気がする.何せ,普段の生活圏に三重交通バス路線が無いにもかかわらず,私は三重交通のバスカードを持っているのである.さて,山本から小岐須へ向かう途中「御幣林道通行止め」の看板があり気になったがそのまま進む.通行止めの気配はなく小岐須山の家に到着.ここの駐車場には3台ほど車が止まっていた.トイレをすませさらに奥へ進む.

大石橋をすぎたところにも車が数台駐車してあった.車止めゲートをこえると林道は未舗装となる.未舗装の道を30分ほど歩くと右手に堰堤が見え,林道から山道へと入る.ここから仙ヶ谷に沿って進む.

この仙ヶ谷は以前,途中で2度も道を間違え,2時間近くタイムロスをした苦い経験のあるルートである.しかし道もわかりやすく,当時なぜ道を間違えたのか全くわからない.ルートには「通過ポイント」の道標が適度な間隔で設置されており,道もしっかりとついているので迷う心配はほとんどない.沢をわたるときにも,対岸のポイントをしっかり把握しながら進めば問題ない.仙ヶ谷では,流れの右岸,左岸をいったりきたりするのだが,やがて流れが涸れるようになると,杉林を歩くようになる.しかしそれほどきつい登りでもなく,すいすいと上っていると,上の方が明るくなり,県境稜線の小社峠にあっけなく到着した.

小社峠から,稜線を北へ向かって進む.ここの道は痩せ尾根,ナイフエッジ,ガレ・ザレ場,大きな起伏という4大特徴で集約される.とにかく歩く方は大変だが,ガレ場から眺める景色は非常によい.

小社峠から宮指路岳への途中には,難所といわれる「犬返しの険」がある.しかし小社峠から歩く場合には,直前までその様子をうかがい知ることはできない.その手前に小ピークがあるためである.小ピークを過ぎ,岩場に出た.ここには岩のオブジェがそびえ立っている.犬返しの険はまもなくである.

ピークを過ぎると,鞍部がありその向こうに宮指路岳が見えている.その鞍部を通過するところに犬返しの険がある.しかし一見するとそれほどの難所にも思われない.実際,岩の間に小さな赤テープが目印としてつけられており,それを見ながら慎重にルートをとれば問題ない.ただし岩はもろいので,むやみに手をかけない方がよい.あと吹きさらしなので,悪天候の時は危険度が増すと思われる.

犬返しの険を通過し,急な上りを登り切ると宮指路岳山頂に到着.展望はないので,すぐ北側の岩場に出て昼食休憩.北側の展望がよい.風も大変穏やかだ.山頂では,1組の家族連れと1名の単独行に出会う.家族連れの方は,ケヤキ谷から,単独行の方は私と同じ小社峠の方から登ってきたようだ.

休憩後,小岐須峠へ向かう.急な下り坂の後,峠に到着.ここでカワラコバ谷道を右に分け,県境稜線を進む.

道標には県境稜線の道は「難路」と書いてある.確かに踏み跡の薄い部分がところどころにあるが,テープ印があるし,尾根筋をはずさないように注意すれば問題ない.また地形が穏やかでゆったりした気分で歩くにはよい道である.このルートの魅力は,このような南鈴鹿らしからぬ地形と雑木林,そして時折ひらける展望である.なお宮指路岳からの県境稜線上では,誰にも会うことがなかった.

県境稜線とイワクラ尾根の分岐に到着.ここから,イワクラ尾根に進路をとり入道ヶ岳を目指す.イワクラ尾根は,起伏が激しく痩せ尾根の続く道である.分岐を過ぎてすぐ,単独の男性とすれ違った.このルートでは,尾根を挟む両側の谷の対照,つまり宮妻峡の谷の深さと小岐須谷の奥深さを感じる.

また,尾根から眺める,鎌,御在所,釈迦の並びは格別である.入道ヶ岳に近づくにつれて笹道となり,道がややわかりにくくなる.

入道ヶ岳は,頂上付近に高い樹木がなく低い笹で覆われているので,展望は抜群である.今日は風も穏やかで過ごしやすい.帰りのバスの時間調整の意味も含めて,1時間以上休憩.山頂からは360度の展望だが,北側の鎌・御在所・釈迦・雨乞といった鈴鹿中心部の山々の眺めと,東側の伊勢平野・伊勢湾・知多半島の眺めが絶品である.

入道ヶ岳で十分休養をとり,二本松尾根を下山した.二本松尾根は下りが急であるが,道はしっかりしている.途中,避難小屋でまたもや休憩し,帰りのバス時刻の時間調整をした.これほど時間調整をしたのだが,結局バス停には30分以上早く着いてしまった.

小社峠〜入道ヶ岳(交通アクセス)

往路

場所種類
名古屋近鉄
四日市7:06三重交通
山本7:52

復路

椿大神社17:20三重交通
四日市18:10近鉄
名古屋
inserted by FC2 system