駅からあるき by DJ Kei
2004.12.11 鈴鹿・国見岳〜御在所山

鈴鹿・国見岳〜御在所山

2004年12月11日(土) 晴

行程

場所
湯ノ山7:30
藤内小屋8:308:35
国見不動9:109:15
国見尾根鞍部9:459:50
国見岳10:2010:25
南ピーク10:3010:50
国見峠11:0011:00
御在所山11:2512:05
武平峠12:5012:55
湯ノ山14:10

今回は,岩と花の山として鈴鹿では知られる国見岳周辺である.花はこの時期さすがに見られないので,岩見物を目当てに出かける.実際この国見尾根ルートや御在所中道には奇岩が多く,楽しませてくれる.どのような過程でこれらの岩のオブジェができたのだろうかと想像する.国見尾根に上がるまでがなかなか大変で,このルートでは最後に20分ほどガレ場を登らなければならず,結構難儀した.またこの日御在所岳のロープウエーが運休(メンテナンス作業のため)であり,普段観光客で騒がしい山頂は登山者のみで静かな雰囲気を味わうことができた.それでも数十人の登山者がいたからさすがは御在所岳である.

山行記録

湯ノ山から裏道登山道に入り藤内小屋までは緩やかな上りである.1時間ほどで藤内小屋に到着.小屋の前にいた人に軽くあいさつをして通り過ぎ,川を渡って国見不動経由で登るルートをとる.天気は曇りのまま.

このルートはペンキ印がついており,それに従って進んでいく.大きい石の散在する道なので足下を注意しながら歩くと,腰越峠方面の道を分けるところに出る.なおも流れに沿って進んでいくと,滝が現れる.滝の名前はわからないが,滝壺の青さが印象的だ.

この滝を過ぎて,少し上りがきつくなってくると,国見不動に到着する.単独の男性が休憩をとっていた.「お先に」と声をかけ,先へ進むと流れの細い滝が見える.これが不動滝なのだろうか.繊細さを感じさせる滝である.滝の手前の右側の急斜面にロープがついており,それに沿って登っていく.不動滝の上部に出ると,流れの源頭部に出て,ガレを直接登ることになる.これが非常にきつい.なるべく歩きやすいところを注意深く選びながら歩くのだが,なかなか前に進まない.ゴールははるかかなたである.後先考えず,とにかく一歩一歩前に進むのみである.時々下を見おろすと,眺めがよいが足場のバランスをとるのが大変だ.支沢がいくつか現れると,やっとゴールの稜線(国見尾根)が頭上に見えてくる.

ガレの部分だけは,コースタイム通りの時間がかかり,やっと稜線の鞍部に出た.稜線に出ると西風が一気に強くなった.稜線に出てもなおしばらくは急な上りが続くが,石は少なくはるかに楽である.調子づいてどんどん登っていくと,展望が開けてきた.天気はゆっくりだが回復傾向だ.

やがて,上に乗った岩が今にも落ちてきそうな奇妙な光景を発見.大地震が起きたら落ちてくるのだろうか.これがゆるぎ岩なのだろうか.このあたりから傾斜がゆるやかになり,ほぼ平坦な道を歩いていけるようになる.そして,南側には荒々しい藤内壁の姿が見えてくる.北側には,コブ尾根の長々とした稜線が見える.コブ尾根も一度歩いてみたいと思っている.

見えれば見るほど不思議な光景だ.

県境稜線に到着.ここから右手にわずかに進み石門にあいさつをして,門を出入りして往復し,国見岳に着く.この石門も不思議な光景だ.

国見岳の山頂は狭い上に,10人ぐらいの人が集まってきたので,ここで休憩を取るのはあきらめ,県境稜線を御在所へ向かう.その途中にある南ピークで休憩.ここからは,対面に藤内壁が丸見えであり,風も当たりにくく休憩にはもってこいだ.ここで昼食をとり,汗でぬれたシャツを着替え,ぬれた方のシャツを日に当てて乾かす.

休憩後,国見峠へ降りる.ここから御在所山頂を目指すが,一気にすれ違う人が多くなる.普段ならロープウエーで登ってくる観光客でにぎわう山頂付近も,ロープウエーのメンテナンス休業とあって,見えるのはザックを背負った人たちばかりである.それでもやはり御在所は人が多い.三角点付近は常に20人ぐらいの人が行き来している.家族連れが多い.山頂には40分ほど滞在したが,その40分の間に雨乞,イブネを覆っていたガスが晴れて,山がくっきりと見えるようになった.

御在所から湯ノ山への下山は,中道を考えていたが,予定変更し武平峠へ下った.鎌ヶ岳の姿を正面に見ながら降りていく.日がくれるまでかなり時間があるので,武平峠から鎌へ往復しようかと考えたが,結局見送り,そのまま湯ノ山へ降りることにする.最後はバスの時刻に間に合わせるために,少々早足となり,バスの出発5分前にバス停に到着.まだ午後2時過ぎであった.バスから眺めた三滝川沿いの紅葉が美しく,時間も早いし,バスに乗らずに近鉄駅まで歩いて行ってもよかったかなと後悔した

鈴鹿・国見岳〜御在所山(交通アクセス)

往路

場所種類
名古屋近鉄
四日市近鉄
近鉄湯ノ山三重交通
三交湯ノ山

復路

三交湯ノ山14:15三重交通
名古屋15:14
inserted by FC2 system