駅からあるき by DJ Kei
2004.12.18 鈴鹿・雨乞岳

鈴鹿・雨乞岳

2004年12月18日(土) 晴

行程

場所
一ノ谷8:00
武平峠8:559:00
コクイ谷分岐9:459:50
七人山コル10:3510:40
東雨乞岳11:0511:10
雨乞岳11:2512:15
東雨乞岳12:3012:35
七人山コル12:5012:50
コクイ谷分岐13:3013:40
武平峠14:3014:30
湯ノ山16:10

この日は絶好の天気・陽気となり,雨乞岳へ行くことにする.目的は,雪の積もる前の鈴鹿の主峰を眺めることと,年末山清掃である.武平峠まではスカイラインに沿った道で,ゴミが非常に多く個人での処理能力を超えている.このため清掃は,武平峠から先のみをターゲットにした.クラ谷道は,雨乞岳へ向かうときのメジャーなルートだが,鈴鹿の中でもかなり雰囲気のよい道だと思う.沢筋に沿ったルートで,雑木林を見ながらゆっくりと標高を上げていくルートは,山歩きの優雅さを実感させてくれる.山頂(東雨乞)からの眺めは360度で,鈴鹿の主脈の全体を見渡すことができるほか,琵琶湖を眺めることもできる.

山行記録

名古屋から近鉄で湯ノ山温泉まで行き,バスの時刻表を見ると,次の発車は40分後である.仕方がないのでタクシーで一ノ谷登山口へ向かう.先週盛りだった湯ノ山温泉,三滝川周辺の紅葉は,まったく色づきが変わってしまっていた.武平峠までは,鈴鹿スカイラインに沿った山道を歩くが,相変わらずゴミが多い.ほとんどが並行するスカイラインから投げ捨てられたようだ.清掃をしたいが手に負えない.武平峠の下を通る武平トンネルの入り口まで出て車道に出る.トンネルの中を歩き,滋賀県側に出ると,雨乞岳の登山口に到着.ここには,車道の左右両側に駐車場があり,10台弱が駐車していた.

駐車場から6人のパーティーが私の目の前を雨乞岳方面へ出発していった.それより少し遅れて出発.ここからは,ゴミ拾いを目的に歩く.早速ゴミを発見.ゴミは全体に飴や菓子の包み紙のたぐいが多い.普段歩いている限りゴミには気づきにくいが,やはり「ゴミ拾い」の目的意識を持ってみると,結構たくさんのゴミを見つけられるものである.あと道のところどころにごっつい霜柱が残っていた.郡界尾根を過ぎた頃から植生が変化し,葉を落とした雑木の林となる.この郡界尾根は分水嶺にもなっており,ここからは愛知川水系となる.

コクイ谷との分岐に到着.ここからクラ谷経由のルートをとる.峠を越えてしばらく行くとクラ谷の流れが近づいてくる.流れはあくまでも澄み渡り美しい.山深い谷の急流とは違うゆったりとした流れである.

七人山のコルが近づくと,傾斜が若干急になる.青空に映えて葉を落とした樹林が美しい.

ここから,流れに沿って進み,時折流れの中の石づたいに歩くような箇所もある.七人山周辺の雑木の並びには美を感じる.

七人山のコルに到着.休憩中のご夫婦連れと「暖かいですね」と言葉を交わす.コルから東雨乞岳への道は,最初は樹林の中を進むが,すぐに笹で覆われた掘り割り状の道を進むようになる.時折笹が低くなり,北側と東側にすばらしい展望が広がる.ただ灌木の枝が張りだしており,頭を3回ほどぶつけたような気がする.石も多いので,足下にも注意が必要だ.足下と頭上に注意しながら,同時に笹をこいでいかなければならない.

こうして苦労しながら歩くこと20分ほどで,笹が低くなり,東雨乞岳に到着.展望は360度.まずはイブネ方面

御在所方面

釈迦ヶ岳方面

伊勢平野方面

雨乞岳方面.東雨乞岳は写真を撮り,ひと通り展望を満喫しただけで,すぐに雨乞岳山頂を目指す.笹の切り開きを下って上ると山頂はすぐである.

山頂は笹で覆われており展望がきかないが,強風の時は風が当たりにくい利点がある.ここで昼食をとった.山頂では,先客が一人,後から来た人が5人ほど.七人山コルで出会ったご夫婦は,杉峠方面へ歩いていった.

この雨乞岳は雨乞い伝説で有名だが,それにまつわる池が山頂にある.池の様子をみると,表面に氷が張っていた.池に住む蛙も冬眠状態だろう.

山頂で休憩を取り,来た道を引き返す.東雨乞岳では,3人ほどのグループが後から来る仲間を待っていた.これから雨乞岳を通って朝明まで行き,そこで忘年会をやるのだそうだ.七人山コルまで行くと,先ほど山頂で会った単独の女性が,「(七人山の方向を指し)こちらに行ったことありますか」と尋ねてきた.以前行ったことがあるので,そのときの状況を説明すると,「マークはついてますか?」と尋ねてくる.テープマークはあまりついていないことを伝えると,その人は七人山へ行くのをあきらめ,下山していった.帰りの道では順調に下っていき,コクイ谷との分岐で10分休憩.

日が陰ってきて,昼間とは樹林の雰囲気も変わってくる.この後,武平峠から湯ノ山への途中にある堰堤のところで果物の缶詰をあける.下山途中に果物の缶詰を開けるのが,私の定番になっている.これが最高にうまい.

鈴鹿・雨乞岳(交通アクセス)

往路

場所種類
名古屋6:31近鉄
四日市7:057:07近鉄
近鉄湯ノ山7:28タクシー
一ノ谷7:55

復路

三交湯ノ山16:15三重交通
名古屋17:14
inserted by FC2 system