駅からあるき by DJ Kei
>2011.07.23 石鎚・石鎚山

石鎚・石鎚山

2011年07月23日(土) 晴のち霧

行程

場所
山頂成就9:00
成就社9:209:20
八丁9:359:40
前社森10:1510:25
夜明峠10:5511:10
二の鎖小屋11:3011:35
弥山11:5512:10
天狗岳12:2512:45
弥山13:0013:30
二の鎖小屋13:5013:55
夜明峠14:1014:15
前社森14:3014:35
八丁15:0515:10
成就社15:3015:30
山頂成就15:45

プランニング

西日本最高峰の石鎚山への登山は初めてとなるが,今回はオーソドックスなロープウェー利用,かつ表道利用とした.

概要

四国に住み始めて3年目,西日本最高峰の石鎚山への登山は初めてとなる.新緑あるいは紅葉の時期がよいらしいが,比較的人の少なそうな盛夏を狙って出かけることにした.ただし有名な山だけあって,ハイシーズンではないにしても多くの信者さんや一般ハイカーで賑わいを見せていた.夏の時期だけに,瀬戸内側から入ってくる海風によってガスがかかるのは日常のようで,北方向や東方向の展望は閉ざされたが,二の森や面河方面など,西側,南側の眺めは得られ気分が高揚.最高峰の天狗岳からの展望もよかった.

行程

山頂成就→天狗岩(往復)

山頂成就からコンクリート道を歩き始める.成就社までは下界となんらかわりはない.標高1400mを歩いているという実感がわかない.成就社からは,しばらく下り基調の道になり,八丁へと続く.八丁からは急な上り道となる.

緑濃い道がしばらく続く.

八丁からは上り勾配のきつい道がしばらく続く.やがて前社森手前の鎖場(試しの鎖)に着く.迂回路もあるのだが,ここは試しの鎖にとりついてみる.岩場上りだが岩がぬれていて滑りやすく,足下を気にしながらの上りが続く.体力を使い鎖を登り切ると,岩の積み上がるピークに着く.ここからの展望はよいが,少々ガスがかかり始めている.このピークからさらに先には,下りの短い鎖があり,そこは簡単に下りきった.前社森のピークに行くだけならば,迂回路を通っていったんピークの向こう側まで歩き,反対側の短い鎖場を使ってピークに登る方が楽である.

前社森からは小ピークを巻いたりしながら快調な歩きとなる.緑の中の道で気分は悪くないが,標高が高いとはいえ暑い.

夜明峠で休憩.これから向かう石鎚の尾根はガスで覆われている.

夜明峠からは緩やかな上りとなり,小さな小屋(一の鎖)のところで迂回路を選択し,さらに二の鎖小屋からも,迂回路を選択.迂回路は山腹につけられた桟道状のところを歩くのだが,足下は完全な断崖であり,迫力満点である.
さらに,三の鎖も迂回路を選択ししばらく上りを辛抱すると,二の森方面へ連なる尾根が開ける.ここまでくれば弥山山頂はすぐ.発電機の音が聞こえてきて,山頂小屋のある弥山に到着した.

弥山山頂標

ここから西に連なる石鎚連峰を眺める.尾根より瀬戸内側はガスがかかっている.

弥山で休憩後,天狗岳への岩尾根にとりつく.ここも少々岩がぬれていたため,慎重に歩いた.

天狗岳からの眺め

このあと,帰りは時間にかなり余裕があったので,休み休みしながら下山.それでも十分時間が余ってしまった.

石鎚山アクセス

プランニング・概要

石鎚ロープウェーの乗り場までバスで向かった.ロープウェー乗り場までのバスは,西条駅前から乗るのが普通だが,このバスは西条済生会病院始発である.西条済生会病院へは自宅からバス1本で行けるため,これを利用した.帰りはバスの乗り継ぎの関係で,西条駅前で下車し,バスを乗り継いで帰宅した.

往路

場所種類
自宅最寄りせとうちバス
西条済生会病院7:167:30せとうちバス
石鎚ロープウェー前8:37
山麓下谷8:40石鎚登山ロープウェー
山頂成就8:48

自宅近くのバス停から,石鎚山ロープウェー方面行のバスが出る西条済生会病院へ

ロープウェー乗り場方面西之川行バス

ロープウェーの乗り場となる山麓下谷駅.標高450m地点

ロープウェーに乗車

山頂成就駅は標高1400m.ここから石鎚山頂までは標高差600m近くを歩く

復路

山頂成就16:20石鎚登山ロープウェー
山麓下谷16:28
西之川17:20せとうちバス
西条駅前18:1718:25せとうちバス
自宅最寄り

下りのロープウェー

途中で上を見上げる

ロープウェーを降りてからバスの発車まで少し時間があるので,バスの始発となる西之川バス停まで歩く(バス停1区間分).

西条行のバス

川に沿って進む

途中にある黒瀬ダムのダム湖

西条駅前にて,新居浜方面行のバスに乗り換え,帰宅

inserted by FC2 system