駅からあるき by DJ Kei
2013.08.12-15 会津駒〜尾瀬(その3)

会津駒〜尾瀬(その3)

2013年08月14日(水) 晴

行程

場所
御池6:45
登山口6:506:50
広沢田代7:307:45
熊沢田代8:258:40
俎ー9:5510:10
柴安ー10:3011:20
俎ー11:4011:50
ナデ窪分岐12:0512:05
ミノブチ岳12:1012:25
浅湖湿原14:0514:10
尾瀬沼東岸14:30

この日は,燧ヶ岳登山.雲一つ無い快晴に恵まれた.この日に登らねばいつ登るのか,といった感じの天気であった.そのような中,御池から燧ヶ岳までは,御池からしばらくは岩のころがるきつい傾斜を登るが,それをこなすと広沢田代へ.広沢田代から熊沢田代までも,時折きつい傾斜はあるが,それを丹念にこなしていくと広々とした熊沢田代へ.ここからは時折浮き石もあり注意を要するガレ場を歩いて行く.勾配のきついところもあり慎重に歩いて行く.それを越えれば,あとは展望を得ながらの歩きとなり,俎ーへ.最高点の柴安ーを往復し,尾瀬沼と尾瀬ヶ原の両方への眺めを満喫する.周囲の山々への展望もすばらしかった.下りは,長英新道である.最初は展望が得られるが,それを過ぎると後は黙々と道を下っていき,少々歩きに飽きた頃に尾瀬沼へ.あとは通いなれた尾瀬沼北岸道を少し歩けば,三本カラマツが目の前に現れ,尾瀬沼東岸に到着.夕焼けも期待したが,晴れすぎてしまい適度な雲が出なかったため,思ったほど焼けなかった.しかし夕景は十分きれいであった.

山行記録

御池→燧ヶ岳

御池を7時前に出発.すでに多くの人が燧ヶ岳に向かって歩き始めている.最初は木道ののんびりした歩きが続くが,やがて岩のごろつく道の急勾配が続く.急勾配を登り切ると,広沢田代の湿原に着く.池塘が点在する湿原で,休憩にはもってこいである.ここで少し休憩.次の大きな湿原の熊沢田代までは引き続き岩の急勾配の道が続くが,時折小湿原が現れ心が救われる.勾配を登り切ると,熊沢田代に到着.振り返ると,昨日歩いてきた大杉岳から会津駒方向への稜線が見えた.

熊沢田代では,ふだんこの時期キンコウカの群生が見られるのだが,今年はやや規模が小さいように思われた.熊沢田代でも休憩をした後,燧山頂へ向けて歩き始める.しばらくは振り返ると熊沢田代,広沢田代,そして会津駒への稜線,さらには麓の御池,七入,檜枝岐あたりの眺めが得られる大展望ルートを歩くが,やがて小さい沢状のガレ場歩きとなる.このガレ場歩きが結構長かったが,これを過ぎると勾配が緩やかになり,展望が再び開けるようになる.ここまでくると山頂は近く,わずかな歩きで俎ーのピークに到着した.

燧ヶ岳→尾瀬沼

俎ーからは360度の展望.北を向けば,今歩いてきた熊沢田代,広沢田代,そして会津駒への稜線,北西方向には越後の山々,西方向は柴安ーと尾瀬ヶ原,アヤメ平方面,南方向は皿伏山から白尾山への稜線と大清水平,そして尾瀬沼,南東方向は日光連山,東方向は直下に大江湿原,遠方には小淵沢田代,そして鬼怒沼山から黒岩山,田代山方面への稜線が見渡せる.特に尾瀬沼,尾瀬ヶ原への眺めは最高である.この後,必要最小限の荷物を持って,柴安ーへ.ここからも俎ーからの展望に加え,尾瀬ヶ原から至仏山,景鶴山,平ヶ岳方向への展望が得られる.尾瀬ヶ原方向への眺めが得られるところに座り大休止.

柴安ーで休憩した後,再び俎ーへ戻り,荷物をピックアップして下山にかかる.下山は長英新道をたどる.ミノブチ岳までは展望のよい道が続く.尾瀬沼方面への展望が得られるミノブチ岳でも休憩し,いよいよ下山へ.この後は,掘割状の道を延々と下っていく.最後には,樹林の緩やかな下りをずいぶん歩いた後,尾瀬沼北岸に出た.

尾瀬沼北岸道をしばらく歩くと,大江湿原に到着.湿原の花々を眺めながら今晩の宿となる尾瀬沼ヒュッテまで歩いた.

尾瀬沼周辺

夕方,再び外に出てみて,景色を眺め写真を撮りながら歩いた.この日は夕焼けはぱっとしなかったが,夕日が湿原に移り湿原が輝き,何となく秋色めいたものを感じた.

inserted by FC2 system