駅からあるき by DJ Kei
2016.05.01 石鎚・冠山〜平家平

石鎚・冠山〜平家平

2016年5月1日(日) 晴

行程

場所
大永山トンネル南10:00
土山越10:3010:35
舟窪10:5510:55
シシ舞の鼻11:1511:35
ちち山分れ12:2512:35
一ノ谷分岐12:4512:45
一ノ谷越13:0013:00
冠山13:3013:35
平家平14:1514:30
巡視道分岐14:5515:00
1440P15:1515:15
三ッ森峠15:4015:50
林道入口16:4516:45
中七番16:55

山行記録

今回は,大永山トンネル南口から土山越,ちち山分れ,冠山,平家平,三ッ森峠をまわり,林道をへて中七番まで歩くという長丁場.日の長いこの時期ならではの歩きとなる.土山越からちち山分れまではアケノボツツジの群生,ちち山分れから平家平までは広大な笹尾根,平家平から三ッ森峠までは静かな雰囲気の歩き,と特色のある山歩きができた.

大永山トンネル→ちち山分れ

大永山トンネル南口から出発.チェーンで入口がふさがれた林道に入り,すぐに右手にある山道にとりつく.わかりやすいルートが続き,土山越からは主稜線歩き.昔の生活道らしき薄い踏跡が時折交錯するルートを歩いて行くと,シシ舞の鼻を通過.このあたりからアケボノツツジの群生が始まる.稜線に沿って群生するさまは見事としかいいようがなく,これを楽しみに歩きにきている人もいるが,総じて人は少なくゆったりと鑑賞できる.ただ実際には長丁場ゆえ,あまりゆっくり鑑賞することはできない.
アケボノツツジの群生地を過ぎると,笹原の斜面をひたすら上ることになる.斜面は単調なうえに景色の変化も乏しく,忍耐の歩きを続けていくと,ちち山分れに到着.道標がぽつんと立つだけだが,石鎚山系から赤石山系が分かれる重要なポイントだ.ここでしばし休憩.

↑土山越周辺では,樹木に囲まれた道を進む.

↑土山越近くで切り開きがあり,少しだけ展望がある.

↑土山越から稜線に沿ったルートを進む.

↑シシ舞の鼻あたりからアケボノツツジの群生地を通るようになる.

↑花の盛りに近い.

↑ちち山を背景に

↑平家平を背景に

↑ちち山の分れへの稜線に沿ってアケボノツツジの群生が続く

↑満開のアケボノツツジ

↑稜線上のアケボノツツジ群生

↑振り返ると,ツナクリ山から西赤石方面の稜線が伸びる

↑笹原をひたすら上る.

ちち山分れ→平家平

ちち山分れから進路を南東にとる.石鎚山系に入り冠山を目指す.しばらくは笹尾根の下り.やがてそれが終わり樹木がまばらにみられる笹原を歩く.踏跡を笹が覆っていて若干歩きにくい.冠山までは全体的に高知側の展望が開けていて,遠くには伊予富士や瓶ヶ森方面の尾根も展望できる.一ノ谷越を過ぎ,冠山への急な上りにかかる.冠山山頂は一人もいなかった.フォレスタハウスからのルートが閉鎖となり,訪れる人が減っているのだろうか.冠山から平家平までは笹の生えこんだ稜線歩き.全体的には展望が良く歩きやすいが,時折岩が張り出しており気をつけながら歩く.平家平に近づくと,傾斜が緩くなり広大な笹原が広がる.平家平山頂には何人かが休憩していた.

↑ちち山分れから石鎚主稜線に入る.こちらも笹原が続く.

↑広大な笹原を下る.

↑樹木がまばらに生えてくるようになる.

↑冠山が近づいてくる

↑笹ヶ峰から寒風山,桑瀬峠,伊予富士方面の稜線がのぞめる.

↑高知側の谷.その向こうに主稜線が伸びる

↑ちち山から笹尾根が広がる様子がわかる

↑平家平方面も広大な笹原だ

↑谷に向かって笹の緩斜面が広がる.

↑稜線は緩やかで歩きやすい

↑平家平頂上付近はその名の通りほとんど平坦.

平家平→三ッ森峠→中七番

平家平から下山にかかる.まずは稜線を下っていく.しばらくは展望の良い笹原が続き,その後も展望の良い状態がしばらく続くが,樹林帯に入ると展望が閉ざされるようになる.フォレスタハウスへの分岐を見送り,さらに稜線を下るとすぐに,送電鉄塔の通過する地点に着くが,これが最後の展望地である.その後は基本的に展望がほとんどないルートをひたすら下ることになる.時折急な傾斜を交えながらどんどん流線を下っていき,三ッ森峠に到着.ここからはひたすら林道歩きで高度を下げ,1時間ほどの林道歩きで県道に合流.ここから中七番まではすぐである.

↑三ッ森山方面へ連なる稜線

↑ルートは明瞭で歩きやすい

↑やがて,樹林帯を歩くようになる.

↑笹の尾根を歩いて行く

↑三ッ森峠に近づくと,笹が増えてくる.

↑林道途中から眺めた三ッ森山

↑流れを渡ると林道歩きは終わる.

石鎚・冠山〜平家平(交通アクセス)

往路

場所種類
イオン新居浜8:47別子山地域バス
大永山トンネル南9:50

↑別子山地域バスで大永山トンネル南口まで乗車

復路

中七番17:35別子山地域バス
リーガホテル18:40

↑帰りは,中七番から乗車

inserted by FC2 system