駅からあるき by DJ Kei
2006.11.03-04 新潟方面鉄道旅行(その2)

新潟方面鉄道旅行(その2)

2006年11月03-04日

行程

場所種類
11月04日
小出8:41JR
越後川口8:539:00JR
十日町9:2710:57JR
戸狩野沢温泉12:2312:40JR
飯山12:5114:00長電バス・急行
長野14:5015:40名鉄バス
名古屋20:07

乗車記録

この日は,小出から飯山線,そして中央線を通って帰るプランだったが,当日気が変わり急遽プランを変更し,高速バスを使用した.

飯山線

この日は,まず上越線の普通列車で越後川口へ向かう.小出駅の入場の時は,切符を丹念に見てから通してくれた.この旅行では初めてである.上越線の列車はあまり混んでおらず,ボックス席を占領する.越後川口の駅は乗換駅とは思えないほど簡素で,賑わいもない.地下通路を通って飯山線に乗り換えた.

飯山線列車飯山線の列車は大部分,十日町,戸狩野沢温泉を境に3区間に分かれて運転されている.これから乗るのは十日町までで,1時間半後に戸狩野沢温泉行が接続するというダイヤになっている.十日町はこれといった特徴の無い車窓で,トンネルが多い.

十日町では前記の通り時間があるので,途中下車をして街の中を歩く.駅前通はまずまずの規模の商店街で,まずそこを歩く.途中「共立観光」という旅行会社を見つけたので,長野から名古屋の高速バスのチケットを購入した.後でどこかの駅で「しなの」の特急券を払い戻すことを覚えておかなければと思う.十日町ではあとJTBもあった.市内中心部を一通り眺めた後,今度は線路を隔てた反対側の駅前に向かう.広々とした駅前広場だが周囲は住宅地であり,駅前らしさはなかった.

ようやく戸狩野沢温泉行の発車時刻となり,列車に乗り込む.この列車は,越後川口から乗ってきたものと同一車両を使用するものだった.したがってこの列車の実態は越後川口発戸狩野沢温泉行で,十日町で1時間30分の長時間停車をするのだった.戸狩野沢温泉までは車窓左側に千曲川が寄り添うので,左側の座席を確保した.最初はまばらな客だったが,途中森宮野原で団体客が大勢乗り込みほぼ満席に.この状態が終点まで続いた.団体客は,駅前に待機していた観光バスに乗っていったから,おそらくローカル線乗車のためにこの区間だけ列車に乗ったのだろうが,様子を見ている限り列車の旅を楽しんでいる様子はなく,単に世間話をしているだけである.戸狩野沢温泉から長野行に乗り換えて,飯山で下車.飯山で下車したのは,車内ポスターでいろいろな駅の駅舎の写真が載っていて,そこに載っていた飯山駅の駅舎がよかったからである.

飯山駅飯山駅では,まず第一目的の駅舎を眺める.飯山から次の長野行までは1時間ほどあるので,千曲川河畔まで行ってみることにするが,途中バス乗り場があり長野行のバスもあるようである.ちょうどいい時間にバスが出発するようだったので,長野まではバスで行くことにした.

飯山市内の千曲川千曲川までは10分ほどで到着.橋を渡り,渡り終えたところですぐ引き返し,次は河原へ下りる.河原で少しのんびりしたかったが,時間となり駅へ戻る.駅で「しなの」の特急券を払い戻し,長野行のバスが出るバス乗り場へ向かった.

長電バス(急行バス)と名鉄バス

長電バス長野行のバスは,飯山駅から50mほど離れたバス乗り場から発車する.このバスは野沢温泉始発の急行バスである.観光バスタイプの車両が使われていた.飯山駅は定刻より若干遅れて出発したが,途中高速道路を通り,ほぼ定刻に長野駅東口に到着した.

名鉄バス長野駅前から,最後は高速バスで名古屋へ戻る.3連休の2日目の夕方だったが,バスの乗客は10名ほどでがらがら.長野市内の渋滞で市内を抜ける頃には定刻よりかなり遅れていた.高速道路を延々と進み,駒ヶ岳SAで休憩を入れて,終点名古屋にはほぼ定刻に到着した.4時間半ほどのバス旅は終了した.4時間半の行程で休憩1回は少ないと思ったが,仕方がないのだろうか.

inserted by FC2 system