駅からあるき by DJ Kei
2012.10.13-14 尾瀬アクセス

尾瀬アクセス

2012年10月13-14日

行程

往路

場所種類
10月12-13日
新居浜17:37特急「しおかぜ26号」
岡山19:1119:23「のぞみ58号」
品川22:46都営浅草線
浅草23:55「尾瀬夜行23:55」
会津高原尾瀬口3:184:20連絡バス(会津バス)
尾瀬御池5:50

復路

10月14日
富士見下13:10関越交通
戸倉13:2013:32関越交通
沼田15:0215:20関越交通
上毛高原15:4516:22「MAXたにがわ420」
東京17:4018:10「のぞみ59」
岡山21:3021:59特急「しおかぜ29」
新居浜23:44

プランニング

今回,週末のみを利用して尾瀬へ行く.往路は夜行で尾瀬入り.帰りは最終列車での帰宅である.往復とも新幹線利用とした.そのためプランニングに自由度はほとんどなく,乗継ぎが良好で最短経路で行けるルートでの利用である.

概要

往路は,「しおかぜ」+「のぞみ」で品川へ,その後浅草へ行って「尾瀬夜行」に乗るというパターン.これも半ばパターン化しているが,これが現在の最良ルートである.復路は,富士見下からの下山であり,これまた最短で新居浜へ戻ってこれるパターンである.紅葉シーズンでもありもう少し混雑しているかと思われたが,以外とすいていた.しかし上越新幹線は「たにがわ」の利用にもかかわらず結構混雑していた.さすがは観光シーズンである.

行程

往路

まずは,新居浜から「しおかぜ」で岡山へ移動する.この列車はいつからか知らないが,「しおかぜ」5両編成のみでの運転となり,高松行を併結していない.そのせいか,結構混雑する.

「のぞみ」で品川へ.平日でもあり,岡山から東京まで乗車する客は珍しいとまではいわないが少ないのかも.私の隣の席は3回ほど入れ替わった.

品川からは都営浅草線で浅草へ向かうのだが,列車ダイヤが乱れているとの放送が入る.浅草までの列車はどの程度遅れてくるのだろうか.少々心配になってきたが,3分ほどの遅れでやってきた.浅草での乗継ぎは問題なかった.さて,この「尾瀬夜行」,今回も私の隣席は客が現れず,2人席を一人で占有し就寝.ほとんどの人が同じようにしていた.

会津高原尾瀬口からは連絡バス(会津バス)で尾瀬御池へ.ここで下車する人は全体の2割ぐらい.意外と少ない.

復路

富士見下のバス停.1日3本と本数は少ない.

富士見下の駐車場で着替えたりしていて,バス停に着いたのは発車3分ほど前.バスはすでに停車中であった.

バスは戸倉スキー場までの5分程度,渓谷沿いの狭い道を進んでいく.狭隘好きにはいい路線かも.

戸倉からは沼田行のバスに乗る.

沿線はのどかな風景が続く.

椎坂峠付近からは左窓に眺めが得られるが,峠の下を貫くトンネルが工事中.トンネル完成後はバスからこの風景もみられなくなるかも.

沼田の盆地を進む.

沼田からは,猿ヶ京行のバスに乗換える.

上毛高原駅に到着.

「MAXたにがわ」で東京へ.混雑を避けるため,「とき」を避け,意図的に越後湯沢始発の「たにがわ」をチョイスしたのだが,「たにがわ」も結構混んでおり,かろうじて窓側に空席を見つけて座った.私は自由席利用だったが,指定席もそれなりに混雑したようだ.

東京からは「のぞみ」で岡山へ.私はA席だったが,隣のB,C席とも岡山まで常に人がいる状態.車内は満席に近かった.

岡山からは最終の「しおかぜ」で新居浜へ.途中で急激に眠くなり,2人席を占有し横になって眠る.目が覚めたのは新居浜到着5分ほど前.危なかった.

inserted by FC2 system