駅からあるき by DJ Kei
2004.03.13 鈴鹿・仙ヶ岳〜安楽越

鈴鹿・仙ヶ岳〜安楽越

2004年03月13日(土) 晴

行程

場所
山本8:00
小岐須山の家8:358:45
大石橋9:059:10
林道終点9:359:45
(道間違い)
(1:30ロス)
仙鶏分岐11:5512:00
仙鶏分岐12:3012:35
仙ヶ岳13:1513:25
御所平14:1514:20
ベンケイ分岐15:0015:00
臼杵ヶ岳15:3515:45
安楽越16:4016:45
石水渓小屋17:2017:20
池山西17:55

一度行ってみたかった御所平に足を踏み入れることにする.バスだけでは行きにくい場所であるが,まず仙ヶ岳へ行き,そこから県境稜線をたどることにした.しかしいきなり仙ヶ岳の登山ルートである仙ヶ谷で,2箇所で道を間違え,結局仙ヶ谷から小社峠経由という計画をあきらめ,仙ヶ谷から仙鶏尾根を経由して登るルートに変更した.仙ヶ谷ルートは以前使ったことがあるので少し油断していたのかもしれない.結果的に,予定より2時間程度の遅れで仙ヶ岳到着となってしまった.それでも日暮れまでには下山が間に合うと思い,予定通り安楽越まで稜線を歩き通すことにした.ところどころ雪の残る道を歩いていくと,御所平に到着.御所平は広々とした空間がたまらなくよく,休憩・昼寝にはもってこいの場所だと感じた.テントでも張って一晩過ごしたいと思わせるところである.御所平から先は南鈴鹿らしい岩稜であった.途中安楽越の手前でも,下りていく地点を間違えて変な方向へ行ってしまったが,こちらはたいしたタイムロスとならず,無事に下山.結果として,予定より早い時間に帰りのバス停に到着できた.

山行記録

池山西から小岐須渓谷を経て,大石橋までは舗装された道を歩く.そこからは未舗装の林道歩きだが,林道終点から山道に入る.林道終点からすぐのところに右に分岐を進み流れを渡らなければならない箇所があるのだが,そこをまっすぐ進んでしまい,1時間半のタイムロス.途中で南西方向に進んでいるので明らかに間違いだとわかり,今来た道を戻る.

元のところへ戻り,流れを渡ってしばらく進むと,仙鶏尾根分岐に到着.ここでは計画通り仙ヶ谷ルート方面へ進む.しばらく歩くと流れに降りる箇所があり,そこを降りたのだが,実はそこも間違い.右の高みに上がらなければならなかったのだ.流れに降りた先に道が無かったので,とりあえず流れに沿って進むものの,どうも様子がおかしいので,再び今来た道を戻る.結局,仙鶏分岐まで戻り,そこから仙鶏尾根を目指すことにする.このルートは,時折鎖をつかみながら崖淵を歩く部分もあり,結構スリリングだったが,最後は樹林の急上りとなり,無事尾根に到着.ここからアップダウンの激しい道を経て,やっと仙ヶ岳に到着した.

途中の尾根から亀山方面を眺める.

仙ヶ岳から1時間ほどの歩きで御所平に到着.すすきの広がる高原状の台地が続く.

御所平の南部は背の低い笹原が続く

能登ヶ峰に続く尾根方面を眺める

御所平からしばらく下ると,カール状の笹原に出る.ここも雰囲気の良い場所.

舟石から南東方向を見る.この後,安楽峠へは最後の最後に正規ルートを少しはずしたが,無事到着.ひたすら舗装道を歩き池山西のバス停に到着.

鈴鹿・仙ヶ岳〜安楽越(交通アクセス)

往路

場所種類
名古屋6:31近鉄
四日市7:057:11三重交通
山本7:55

復路

池山西三重交通
亀山JR
名古屋
inserted by FC2 system